• このエントリーをはてなブックマークに追加



ケイティ
「飛ぶよすらいむ!わたしから離れないでね」

妹。勉強も遊びも一生懸命、元気いっぱい。頭につけている装飾品は「インカム」であり、これを使ってマルヴィナと通信を行う。 だけど本物はそこそこ重いらしく、似せてつくってもらった装飾用のものをつけていることも多いとか。


レックス
「ゴブリン達から『鍵』を奪っていったのはお前だな!」

妹の相方、つまりはお兄ちゃん。ケイティを操作キャラクターにした場合は、彼が周囲でちょろちょろとサポートする。彼のインカムはバンダナタイプ。 マルヴィナの事はどう思っているのか、実はメンズが好きなのかとかそういったストーリーは一切でてこない。


マルヴィナ
「そろそろお昼だし一度お家でごはんにしましょう」

メイド。だからといってそれが職業ではなく、その衣装をコスプレ感覚で着ている。五年ほど前から両親のいないケイティとレックス2人の兄妹の世話をしながら共に暮らす。頭に装着するインカムをつくったり、空飛ぶ羽根をつくったりと万能。どうして2人と暮らすようになったのか、詳しい話はこのゲームでは言及していない。想像にお任せ。


ボムポム
「ボク仲間のスライムを探しているんです」

森で修行中のケイティとレックスが出会うスライム。口調がそのままゲームのタイトル「いいんですか?」に採用されて、本人は楽屋裏で喜んでいるとかいないとか。 はぐれてしまった他のスライムを倒しても経験値が多く貰えるということはないので、純粋に探してあげたい。 そんなところからストーリーは始まる。


???
「いひひひ早速親方に報告でやんす」

オープニングに出てくる影の男。黒ずくめの男。やっぱりストーリーを語るには謎の男の登場は欠かせない。善人なのか、悪人なのか。ひとつ確認できることは、影の中心に見える白い部分は歯だということ。